展示会には、一般の人が入場できるものと、できないものがあります。これは展示会の案内を見ると解りますが、関係者だけが参加出来る展示会は、主に商談の場として利用されるため、一般の入場が不可となっているのです。また、催し物としての展示会は入場料が数千円程度かかりますが、事前に予約をする事で入場料が無料になります。特にビジネスに関わる催し物の場合は、事前予約を行う時に、会社名や部署といった情報を明記する事になりますので、一般の人が入場をする場合は、これらの情報を埋めていく必要があります。また、関連企業であれば入場は可能であっても、関連していない企業では入場が出来ない事もあります。

このあたりは、それぞれの展示会の注意点を見てから事前予約を行う事が必要になるわけです。所で、展示会の他に見本市と呼ばれる催し物があります。これは言い方が異なるだけであり、基本的には同じものです。そもそも展示会や見本市というものは、参加する企業の新しい商品やサービスをデモンストレーションを行い見学をしに来た人々に公開するものであり、両者ともに目的は同じものとなります。国内では、東京を中心とした開催場があり、その他にも大阪や名古屋、九州などの場所に開催場があります。催し物の内容などに応じて、場所は決められるものの、東京で開催された後に、他の場所でも開催される場合もあります。一般の人が入場できる見本市も多数ありますが、自動車、家電品、陶器などは企業はもとより、一般の人々が多く見学をしているものとして有名な物も多数あります。新しいものを見る事を目的としていますので、参加する企業は他の企業との差を作るために、ブースを大きくしたり、派手な演出を行うなど、商品だけではなく、見せ方も変えているのが特徴と言えます。

このブースの大きさは、小さいほどコストが安く、大きくなるほどコストがかかります。しかし、商品が小さなものでは、大きなブースを利用すると逆にまとまりが悪くなるので、小さめのブースを利用すると言う事をしますので、小さいブースだから経費を抑えているという意味にはなりません。ブースの大きさは、まとまりを造り出すためにも必要なものであり、大きな機械を展示している企業などの場合は、スペースも必要であるから大き目のブースを利用している事になるわけです。また、各ブースではデモンストレーションを行い、見学者に対して圧倒的な人気を得ている所もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です