地方自治体でも、最近はブランドとか戦略が問われています。ブランドとは少し違うかもしれませんが、もう一つ、いわゆるゆるキャラも地方自体のイメージ向上の戦略の一環として使われています。全国レベルで有名になったものもありますが、意外といろいろなキャラクターがあります。熊本県は、一躍有名になった県の宣伝部長が著名です。彼がやってくると、集客がグンとアップしますので、イベントには引っ張りだこで、全国のゆるキャラの中でも有数の成功した例に入ります。熊本では、熊本を統治した戦国武将、加藤清正や小西行長をモチーフにしたゆるキャラもありますが、その他にも大勢います。問題は、単にゆるキャラの人気が出るだけではなく、観光やイベントの集客につなげる、戦略部分ですが、なかなか知恵の出しどころのようです。既存の観光資源の掘り起こしも必要になってきます。

企業ブランド戦略による勝ち組の成功例

企業のイメージは、小売りであればその商品の価格形成に大きく影響を及ぼす。極端な話、同一品質商品でも、製造企業により価格は大きく変わってきます。ただ、その流れを作るのは容易いことではありません。そこに至るまでには、良い品質のものやサービスを確実に消費者や利用者に提供をし続け、ある一定の信頼関係を気づいたからこそ成り立つものです。そこまでのプロセスが戦略と言えるとは思いますが、実はそのプロセスは実に単純ですが、継続することにむつかしさがあると言えるでしょう。ブランド戦略による勝ち組の成功例としては、多くがありますが、その負け組との差はまず、どのようなブランドイメージを受け付けたいかを社会情勢を勘案して決めるところ。そこが大きな違いとなっていると思います。つまり、高品質・高サービスは前提条件として、スタートでどのような設定をするかが勝負の分け目となるでしょう。

企業ブランド商品販売の戦略で成功した例とは

企業において、やはり企業ブランド商品は売り上げにも直接つながってきますし、格安でお客様方へ商品を提供し、安心してお使いできるような物ですので、人気もあります。企業は常に戦略として色々検討していますので、こうした企業ブランド商品の開発は常に行っています。また成功したケースも多く、調査してみますと、お客樣方も喜んで購入してらっしゃるのがよくわかります。成功した起業例も多々雑誌に掲載がありますし、色々と検索してみるのも良いです。幅広く情報収集することにより、色んな販売方法がありますので、良い点を取り入れて自社で開発して行くのも良いですし、企業同士競争しています。お客様方がどのような商品をいくらで欲しいと思っているか、商品と価格などもアンケートを取ったり、総合的な調査も必要になります。重要な情報になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です